会社概要

- ご挨拶 -  患者等輸送事業をはじめたきったけ

代表写真

(初代1号車/平成16年)

「ハーネスの介護タクシー」

 誕生のきっかけは、一人の「訪問介護の利用者 O様」でした。

ご病気で両足が不自由になり、車いす生活に。

そして、O様は病院受診(透析)が1日おきに必要で、娘さんがお仕事の合間に自家用車で送迎されていました。

 「毎日のことだからね、少しでも気兼ねなくさ、移動が出来たら幸せだなぁ・・・自分で運転してた頃みたいに、たまには海や山にも行ってみたいよ」

 今から15年以上前、本人からこんな相談を受けました。

当時O様のように移動でお困りの方は多数おられ、弊社にも相談が寄せられました。

その頃は、車いす利用者のタクシー移動といえば、普通のタクシーの後部座席に移乗して、車いすをトランクに積んで移動するしかない時代でした。

 しかし、基本的に車いす利用者が乗車する時、乗務員は

「 介助が必要不可欠」 ・ 「 移動中に介助が必要になったときの対応」

このような問題をクリアしなければならないと思いました。

やはり「資格を持った人間が同行する介護タクシーが必要だという結論にたどり着きました。

それから、自動車2種免許取得、運行管理者試験、車両購入、車庫の確保、そして沢山の書類申請等を経て約2年後の平成17年12月に、「介護タクシー業務」をスタートさせる事ができました。

いざ業務開始となりますと、教科書などの手本は無く、全てが手探りでした。しかし介護の経験と、2級整備士として車に関しての経験がとても役に立ちました。

自動車の構造を知っているから「搬送時の優しい運転」に繋がったのではないかと思います。

それから徐々に口コミでご紹介いただき、転院・入退院などの搬送を経験させていただきました。

代表写真

(2代目/日産キャラバン


それから様々な種類の搬送(担架介助・酸素使用・喀痰吸引・点滴・人工呼吸器等)を経験し、1名体制の「介護タクシー」では対応できない部分もあることが分かりました。

そして患者搬送技術の更なる向上の為「民間救急認定事業所」として鹿児島市消防局に認定をいただき、1車2名体制の「民間救急ハーネスケア」が誕生しました。

代表写真

(3代目/トヨタハイエース)※上記3台は過去所有

※上の画像は旧福岡こども病院・鹿児島の赤ちゃんを鹿児島大学のDrとお迎えに行った時のものです。

 



以来、「患者搬送専門」として多くの病院様を始め各方面からご依頼を頂いております。

現在、介護福祉士・看護師・2級整備士(整備・運行管理)が在籍して日々業務しております。  

これからも「一人でも多くの方が安全に、安心して、行きたい場所に行けるように」

より一層、お力になれれば幸いです。


株式会社ハーネスケア

代表取締役 江野 里美


会社概要

創立
平成13年12月
所在地
〒891-0175
鹿児島県 鹿児島市 桜ヶ丘5丁目20番地7
TEL 099-821-0125 / FAX  099-204-0125
車輌
寝台大型(ハイエース・スーパーロング)  2台
車椅子車両(アトレースローパー)      1台